新着情報&イベント NEWS & EVENT

一条アルチメイトファクトリー京都

TREK WORLD(トレックワールド)2019 最新情報が盛り沢山の展示会【New model(ニューモデル)】【一条アルチメイトファクトリー京都】

2018年8月11日 [一条アルチメイトファクトリー京都]

スタッフブログ


TREK(トレック)
の2019モデルが一同に会する展示会に一条アルチメイトファクトリー京都店スタッフ全員で参加してきました!

2019 TREK(トレック) ロードバイク

先日発表されたTREK(トレック)のフラッグシップモデルの「MADONE (マドン)」SL、SLRとグレードが2段階に変更されたことに加えてTREK(トレック)のカスタムオーダーシステム「Project One(プロジェクトワン)」で注文できる限定カラーで発表時にインスタグラムや各種SNSでも話題になった「IKON(アイコン)」シリーズの実写の展示もございました。


color:Refliptive(リフリップティブ)

 

color:Candy Emerald Green(キャンディエメラルドグリーン)

color:Chrome tour(クロムツール)


color:Black Gold(ブラックゴールド)

これらのペイントを施されたMADONE SLR(マドンエスエルアール)は会場内でも一際存在感を放っておりました!

ディスクブレーキモデルは続々と系列店でも展示が始まっておりますが、展示会場ではこれまでと同じリムブレーキモデルの展示もございました。

MADONE SLR8(マドン エスエルアール)
color:Rage Red(レージレッド)/Trek Black(トレックブラック)
¥825,120-(税込)

ブレーキをフロントフォークに内蔵しています。制動する際の感触がすごく気になりましたが、残念ながら展示のみだったので試乗してテストすることはできませんでした。

試乗コーナーではMADONE SL(マドン エスエル)、こちらもフルモデルチェンジを果たしたEMONDA ALR(エモンダ エーエルアール)を試乗することができました。

左:MADONE SL6(マドン エスエル) 右:EMONDA ALR5(エモンダ エーエルアール)

まずはMADONE SL6(マドン エスエル)ですが、型はこれまでのMADONE9(マドン)シリーズからの継続となり、フレームに使用するカーボンのランクを下げる事で、これまでよりも価格を抑えることができました。

乗車した感想としては2018年モデルのMADONE9.0(マドン)と比較すると遜色ありませんでした。
素材に若干の違いはあるのでもう少し長い距離や峠を越えると印象が変わるかもしれませんが、漕ぎ出し時の反応、平地での巡航性能はなんら劣る部分は感じられませんでした。
ハンドルバーも一体型の専用品ではなく汎用品の仕様なので、純粋なロードレーサーとしてだけではなく、トライアスリートの方も選択し易いバイクではないでしょうか?


2019 TREK EMONDA ALR5(エモンダ エーエルアール)
color:Purple Flip(パープル フリップ)
¥185,760-(税込)

続いてはこれまでも人気の高かったEMONDA ALR5(エモンダ エーエルアール)です。
アルミフレームとしてはこれまでも各メーカーも含めて最高峰にありましたが、更なる軽量化とより軽快なハンドリングが追加されました。
乗車してみましたが、期待通りの素晴らしいアルミロードでした。これまで通り踏み込みに対しての反応の速さ、細かな振動に対しての快適性、ワイヤー類の取り回しをこれまでと変えたことでハンドル操作の軽快さも確かに感じられました。
従来のリムブレーキに加え、ディスクブレーキを選択できるようになりました。
これまでと同じくコストを極力抑えた中で本格的なロードバイクをお探しの方には真っ先にオススメしたいバイクです。

2019 TREK(トレック)マウンテンバイク

一条アルチメイトファクトリー京都店ではいち早くTREKの2019モデルをご紹介させていただいておりますが、トレックワールドで発見した耳より情報をこの記事にてお知らせさせていただきます。

2019モデルはリーズナブルなフルサスペンションバイクの導入があります!

2019 TREK FuelEX5(フューエルイーエックス)
color:Trek Black(トレック ブラック)
¥250,560-(税込)

これまでのTREK(トレック)のフルサスペンションバイクでは最もリーズナブルなものでも30万円台後半でしたが、これまでに比べるとフルサスペンションバイクを検討し易くなりました。
今では当たり前の装備になった手元の操作でシートの高さを変更できるドロッパーポストなどは省略されていますが、初期費用は抑えられるので「必要性を感じたら導入する」といった段階的にパーツのスペックアップをできるというのも大きな要素になります。
登りやすく下りも楽しめるというのが特徴のニュートラルなマウンテンバイクになりますので、予算に限りのある中での初めてのフルサスバイクにはピッタリな1台です。

※8/11現在 早くも入荷して店頭に展示がございます。気になられた方はぜひとも実物をご覧になってください。

他にも2019モデルチェンジを果たした「REMEDY(レメディ)」、より走破性の高い29インチ「SLASH(スラッシュ)」に関しては一条アルチメイトファクトリー京都店に実車の用意がありますので店頭にてご覧いただき、気になられましたら気軽にお問い合わせ下さい!
【一条アルチメイトファクトリー京都 マウンテンバイクニューモデル紹介記事】

2019 TREK その他のモデル

2019 TREK 520
color:Diablo Red(ディアブロ レッド)
¥149,040-(税込)

TREK(トレック)の日本でのラインナップ唯一のクロモリバイク520も見事に進化しました!
シフトがSTIレバーに変更されたことで変速操作、ブレーキ操作がより簡単に行えるようになり、フロントラックも標準装備になりました。フロントラックはツーリング目的で後付けされる方も多かったので嬉しい変更点ですね。
荷物を沢山積めるのでもちろん日常使いにももってこいです!

2019 TREK Dual Sport+(デュアル スポーツ プラス)
color:Trek Black(トレック ブラック)
¥380,160-(税込)

電動アシストシリーズのebike(イーバイク)モデルにも新たなモデルの導入がありました。
大きなダウンチューブの中にバッテリーを内蔵しています。
サスペンションフォークを装備し航続距離もVerve+(ヴァーヴプラス)よりも容量の大きなバッテリーに変更されたので、きれいな舗装路ベースでのサイクリングだけではなく、人里離れた郊外の畦道を走りたくなるようなスペックのバイクです。

他にも用品やアパレルなども魅力的な商品が沢山ありましたが、またの機会にご紹介できればと思います。

店頭でご覧いただける分だけですが、TREK(トレック)、Bontrager(ボントレガー)2019モデルのカタログがご用意できましたので今回ご紹介しきれなかった魅力的な商品もご覧になれます!店頭にてスタッフまでお気軽にお問い合わせください!皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

一条では「高額な自転車なので盗難が心配」という方のために盗難保険もご用意しております。
しかも選べる2タイプ!
 <1>一条グループオリジナルの盗難保険
 <2>ショッピングローンで購入いただいた際に付随するタイプ

※詳しくは店頭にてスタッフまでお気軽にお尋ねください!

さらに!
「下取りサービス」も行っております。

乗り換えの場合は下取りを利用してお得に新車をご購入いただけます!
※こちらも詳しくはスタッフまで!

一条アルチメイトファクトリー京都店は京阪三条駅11番出口スグ上!
京都市内のど真ん中!
鴨川沿いに面し夏の風物詩「川床」を望める絶好のロケーション!
滋賀県からもアクセス良好!
京都から琵琶湖一周も自走しやすくサイクリストの強い味方!

Facebook、インスタグラムやってます。お気軽にフォローをお願いします!

人気の記事

最近の記事