KUALIS CYCLES(クオリス サイクルズ)2

2019/6/10

 

ようやく待ちに待った!、、とい言いますか、大変お待たせしましたお客様のロードバイクが完成致しました!

★KUALIS チタンロードバイク

約1年と少し、お客様・KUALIS西川さん・アトリエキノピオ安田さん・そして一条サイクルにて綿密に話し合い完成に至りました。いや~かっこ良すぎます!もう芸術作品の域

ちょうど去年の今頃に話し合いがスタート。まずはKUALISを製作するにあたってのオーダー用紙を記入します。身体を計測し現在乗っている自転車のジオメトリーも計測。そして一番大事などういう風に使いたいか、これがKUALISを作るにあたって一番のキモ。ここをどれだけ引き出せるかが私どもの最重要ミッションでもあります。その後最適なジオメトリー表が送られてきてご一緒に最終確認しオーダー。少しざっくりですがこれが一連の流れになります。

 

そしてフルオーダーで欠かせない大切な工程がカラーをどうするか?

ここはみなさん個性があって私共も楽しみなところです。お客様とあ~でもないこ~でもないとじっくり打ち合わせをしながらお客様が思う理想へと導きます。

 

今回はお客様が好きな本の表紙をモチーフにイメージ致しました。

こういったイメージな物でもペインターさんが上手く表現してくれます。

 

本のモチーフそのままではなく、足元が濃い色の方が全体的に締まる感じがしそうという事でモチーフを上下反転に。

 

ダウンチューブのKUALISロゴは文字の太さを指定で。思った通りの完成度!

 

シートチューブのKUALISマークは場所は指定しましたがカラーはペインターさんにおまかせ。

 

ブレーキケーブルはフレーム内蔵式でオーダー。

 

しっかりリアエンドに『KUALIS』の刻印。そしてこの裏にも実は車体のシリアルナンバーも刻印があります!フルオーダー品という事もあってシリアルの桁が少ないとそれほど世に出回っていないプレミアム感も◎

 

ホイールは ENVE SES4.5 × CHRIS KING R45 の組み合わせ。

 

リムも色があるところはすべて塗装を施しました。世界に一つだけのENVEリム。実物のオーラがすごいです!

 

HUB・BBどちらもセラミックベアリング仕様。

 

 

シートポストも純正カラーではありません!通常は真っ黒です。KUALISは各部すべての精度高いためシートポストも全塗装してしまうと入らなくなる為ちょうどの所で塗装を止めて頂きサドル高もばっちり!

 

最高のバイクには誰もが憧れるSRAM AXSを取付。フロント変速は前作のe-tapと比較すると格段に変速性能が向上しています。

 

 

 

お客様もこのバイクはしっかり乗って楽しみたいと言っておられましたのでご来店の際には走った感想を詳しく聞いてみたいと思います。

一条サイクルでは皆様の考えを形にするサポートをおまかせ下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019/12/11

 

Ti(チタン)バイクの輝きは、洗礼された金属の何とも言えない輝きがあり、所有欲をくすぐられていつかはチタンを乗るぞと心に決めているお客様もいらっしゃると思います。

当店ではチタンでお考えのお客様には、究極のオーダーメイド《KUALIS CYCLES》をご案内しています。

体の各部採寸・現在使用のバイク採寸・インタビュー(★最重要)をへて作られるバイクは至極の1台に。

 

ただどうしてもすべてを高水準で行うため納期にお時間を頂いたり、価格が高額になったりとハードルが高いのも事実。この2点で止む無く断念した方に朗報です。

 

 

★【納期・価格】を少しでも抑えられるセミオーダープランが始まります!

 

セミオーダーで注文できる車種はKT-R(Road/Disc road)、KT-AR/CX(ALL road/CX)になり、KTはチタンを意味します。

体の各部採寸・現在使用のバイク採寸は同じ工程ですがインタビューで使う専用用紙が違ってきます。

 

【セミオーダーの専用用紙】

 

➀フルオーダーとの違いは選択肢の数

 

例えばこちら

 

カラーにこだわりたい方はフルオーダーがおすすめ。自分の思うがままを自転車に反映でき大抵のことは相談し実現可能です。

セミオーダーではカラーの選択が狭くなります。違いはペイント以外のカラーを選択した場合の仕上げの幅。ロゴの場所はダウンチューブのみでアップチャージ無しか有りかを選んでいただきます。

 

 

セミオーダーではアップチャージの【アナダイズドの加工例】

 

 

②用途、剛性、追加オプションといったインタビューが無し

フルオーダーではできる限りの情報を頂きそれをもとに構築しジオメトリーや追加オプションを決定していきます。例えばハンドリングは《軽い/安定性重視》か、剛性は《固め/乗り心地重視》か、さらに自転車歴や現在自転車に乗る頻度、新しいバイクの用途「通勤・普段乗り・ヒルクライムを楽に・200kmのツーリングを楽しく」といった情報をできる限り記載していきます。

追加オプションとは、以前実際にお願いした事例で言うと、輪行などで後輪を外した時にチェーンがたるまないようにシートステーに専用フックをお願いしたことがあります。

相談次第でさらに特別な1台が出来上がります。

 

 

セミオーダーではこういった所を無くし【納期・価格】を抑えることを実現。

◎セミオーダーの納期は約3~4カ月 

※材料、パーツのストックによって遅れることがございます。

※ペイントされる場合は約1~2カ月プラス

 

フルオーダーではその都度納期確認を致しますが約6~12カ月必要になります。セミオーダーであれば納期が1/2~1/3とかなりの短縮が見込めます。

 

◎価格(税抜)

KT- R /KUALIS Titanium Road (Semi-custom bike)

KT- AR/CX /KUALIS Titanium All Road/ CX (Semi-custom bike)

KT- SR /KUALIS Titanium Special Road (Full-custom bike)

KT- SAR/SCX /KUALIS Titanium Special All Road/ CX (Full-custom bike)

《フルオーダー》                《セミオーダー》

◦KT-SR Road/¥450,000~           →  ◦KT-R Road/¥385,000~

◦KT-SR Disc road/¥480,000~        →  ◦KT-R Disc road/¥410,000~

◦KT-SAR/SCX ALL Road,CX/¥480,000~  →  ◦KT-AR/CX ALL Road,CX/¥425,000~

 

 

今回ご説明した内容はごく一部になります。

今後カラーサンプルなどがアップされる予定になっています。

必ずしもセミオーダーが良いわけではなく選択肢の一つとしてご提案いたします。フルオーダーの良さ、セミオーダーの良さはそれぞれ有り、自分に合った1台を是非ご利用ください。

 

店頭では実物もございます。

 

みなさまのご相談お待ちしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020/3/9

 

一条サイクルがおすすめする究極のカスタムオーダーバイク、KUALIS(クオリス)からチタンシートポストとチタンシートクランプ、おまけにディレーラーハンガーが入荷いたしました。

まずはチタンシートポスト

 

今回入荷したものはお客様からご依頼の品で今乗って頂いているKUALISに装着予定。

箱から出した時の印象は、、、軽ーーー!

それもそのはず

ヤグラ込みで150g!

長さ220mm、0mmオフセットで注文。

それにしても軽い!久しぶりの自転車パーツで鳥肌になりました!

 

 

 

Titanium seat post/ 税込¥33,000

*Offset/ 0mm~25mm

*ブラッシュド、ブラスト、アナダイズドロゴ 仕上げ/ チャージなし

 

 

続いてチタンシートクランプ

 

 

KUALIS titanium seat clamp/ 税込¥16,500

*シートチューブ OD/34.9mm, 31.8mm

 

KUALISの最新パーツがこちらのシートクランプ。ついにここまでチタンで製作されさすがの一言。

綺麗に面取りもされていて精度の高さ、乗りて側に対しての気配りを感じます。

 

 

 

KUALISの公式フェイスブックから画像を拝借。

とてつもない量ですね。

今までにバイクを購入されている方が一斉に頼まれた様子!

間違いない逸品です。

 

 

KUALISと言えば

先日発表されたセミオーダーバイクがかなり好評を得ています。

約4カ月前後で自分に合った自転車が手に入るのが最大の魅力!

詳しくは店頭でご案内致します。

皆様のご来店お待ちしています。

 

戻る⇒


一条グループ店共通の“安心サービス”※グループサイトへリンクします