KUALIS CYCLES(クオリス サイクルズ)

2016/06/21

 

背広や革靴に代表されるような『オーダーメイド』の衣服は、そのフィット感やシルエットの美しさに一言では語れない独特の様式美があります。

 

パイプ ①.jpg

 

『オーダーメイド』は趣味の行き着いた到着地点としてよく表現されますが、実はそうでもないのです。

体に合った衣服の着心地は格別で、自転車もそれに然り。

よりサイズの合った自転車は最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

パトリック.jpg

デザインもお客様のイメージを具体化してくれるため、乗るたびにテンションが上がる事でしょう!!

 

今回、ご紹介いたいますのは『KUALIS』 

kualis logo.jpg

 

まず、興味を惹かれたのがフレーム・ビルダーの経歴です。

 建築士から異業種のLevel(松田自転車工場)でフレーム制作を学び、5年後に渡米。

Seven Cyclesでフレームビルダーとして従事した経歴の持ち主。

 

当店でも同メーカーは数々のオーダーを頂きお客様の元へと旅立っていきましたが、

セブン.JPG

どのお客様も想像以上の乗り味に驚嘆されます。

 

一度、KUALISのHPをご覧になってください。

FlickrInstagramFacebookに至るスミからスミまで。

そのSEVENで培ったスキル、日本人らしい巧みさと繊細さ、オーダーをいただいたお客様へのホスピタリティには目を見張るものがあります。

 

オーダーに関しましても難しく考える必要もありません。

どのように乗りたいか??

どんな乗り味にしたいか??

どんなデザインにしたいのか??

海外のメーカーと違い『言葉の壁』は存在しませんので、微妙なニュアンスも伝わりやすいのでKUALISは明確に返答してくれます。

密にコミュニケーションを取れる事でお客様の思い描いたフレームが、性能は固より『所有欲』も完璧に満たしてくれることでしょう!!

 

『KUALIS CYCLESでは  ・・・・・・カスタマー・小売店様からの要望や提案などできる限り取り入れながら、より質の高いプロダクトのデザイン、製作、販売を目指し共に成長していくことを目的とします。

 販売契約書はこんな見出しから始まり、

 『以上の内容に同意しKUALIS CYCLESのプロダクトデザイン、製作、販売、サービスに関する質をお互いに協力し、高めていくことに同意します。』

 と締めくくられてます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016/10/10

 

今回のお届けする内容は、

アメリカから故郷である和歌山に帰ってこられたKUALIS CYCLES様の工房にお邪魔させて頂いた時の模様を

お伝えさせていただきます。

 

こ、これが・・・3500本以上を作り続けている方の持つ貫禄!フレームビルダー西川さん!

ちょっとタイミングが悪かったみたいで・・・

作業中でしたが快く迎えて頂きました!

 

正直ビビり気味でしたが・・・

「写真を撮って大丈夫でしょうか?」と伺うと・・・・

 

「隠すものなんてありませんのでどうぞ!」と気さくにお話ししていただきました。

と言う事で!

一般的に想像される自転車のフレーム工房のイメージとは違い、お洒落なカフェかと思う外観に

整理整頓され余計な物は置かない綺麗な内装。ここで効率よく確かな仕事が成されるわけですね!

 

 

LEVELマツダ自転車工場でビルダーをされていた時のお話で、競輪選手に3mmのトップチューブの誤差を

指摘された事があったそうで・・・

「一般の方が気付かなくても気付く人間がいるからには出してはいけない誤差!」と・・・

これらの慣れ親しんだこだわりの工具達(日本では恐らく、ここにしかない物も・・・)で高い精度の

フレームを手掛けておられます。

 

今回は一条サイクルセンター最初のKUALIS CYCLESオーダーのお客様と一緒にご挨拶。

完成したフレームにご対面のT様!フレームに込められた思いを聞き今すぐ乗ってみたいと

はやる気持ちを抑え、ここから相当悩まれて考えた拘りのデザインの塗装へと旅立ちます!

カッコ良くお化粧されて戻って来るのをしばし待ちましょう!

 

今回はT様御自身でデザインされましたが、大丈夫です!

丸投げしちゃってください!そこもお任せ出来ちゃいます!

「ただ好きな色だったりヒント欲しいですね~。」と・・・

デザインに関わらず、乗り方などイメージを何でもご相談ください!

 

色々なお話ができ、お土産までいただき・・・

ブレーキワイヤーの外側を受ける部品です。自転車屋目線になりますが、この部分もスッキリしててカッコイイ!(写真中央の右奥を主に使われるそうです。)

大量に頂いたのは(写真左)・・・「これあまり使わないので。」一般的に使われる方(写真右)

 当たり前です!カッコイイ方はこれから制作される最高のフレームたちに付けなければなりません!

ともあれ良い記念になりましたっ。

 お手を止めてしまい3時間程経ったでしょうか・・・

 他にもまだまだお話ししたい事はありますが・・・

技術的な事は(http://builderslife.blogspot.jp/)是非こちらをご覧ください!西川様の生き様が覗き見れます!

 このような機会を頂き、幾つか質問もして感じ、そして私から皆様にお伝えしたい事は

「隠すものなんてありませんから。」そう!書かれている事、発言に嘘はない。

例え同じ物で同じ事をやっても、ただの真似事、本物にはなれません。

それは、しっかりした土台があり積み上げてきた物があるという事!

  「自転車には、新しくいろいろな部品や規格が生まれていますが、どの様にお考えですか?

また、主にホームページに載っている車種以外の自転車は作れますか?」

「メタル=クラシカルではなく、チタン、スティールという素材でモダンな物を創りたい。

 要望があれば、できる限りのことはやりますよ。」

自分の目指すところはあるが、先ずはお客様の目線に立ち、良いものは取り入れ、メリット,デメリットを考えたうえで提案できる柔軟さと、確かな目を持っておられる事。

  最後に、本当に長い時間お邪魔し、お付き合い頂けました・・・

時間に追われて焦っていれば、決して完璧な仕事はできない。

何事にも余裕をもって接しておられる事。

 西川さんとお話し改めて、私自身そうでありたいと熱く!感じました。

一条サイクルセンターにも様々な経歴を持った面白いスタッフが皆様をお待ちしております。

もっと、こうしたい、こうであればいいのに・・・2台目、3台目に!

自分に合ったサイズの自転車が見つからない・・・最初の1台目に!いかがでしょうか?

真にあなたにフィットした自転車が出来上がることでしょう。

 

KUALISの事ならお任せください!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016/12/10

 

待ちに待ったフレームが届きました。

綺麗な写真をコチラで掲載して頂いておりますので、拝借させていただきました。

 

私共も現物を見た瞬間大興奮!!

 

皆様からのオーダーをお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017/12/01

 

まさかこの箱は!
 
IMG_2968
待ちに待ったKUALISが到着いたしました。
 
今回はなんとグラベルロードのチタンモデルが入荷。カラーはアナダイズドで楽しみで仕方ありません。
 
抑えられない気持ちでいっぱいです。
 
 
それではご覧ください。
 
37588927215_225d89eae6_k
 
IMG_2971
 
IMG_2988
 
IMG_2974
 
今回は極力シンプルにとオーダーいただきました。その分パープルがよく栄えてチタンの魅力がすごく際立っていますね。
 
 
IMG_2980
フロントフォークはENVEをチョイス。ENVEがフラットマウント仕様ということもあり、リアもフラットマウントでオーダー。注文当初、フラットマウント仕様はオーダー表に載ってなく、相談すると快く承諾して頂きました。
些細なことでも相談にのって頂けるのもハンドビルドの醍醐味ではないでしょうか。
 
 
IMG_2983
まだ先のお話ですが、実は店頭用でKUALISチタンを先日オーダー!
入荷次第しっかりと商品紹介いたします。
 
また、ざっくりとした納期ですが、約6カ月~みていただくのがベター。‥っと逆算すると今だと夏ぐらいかな?
良い時期にのりたい派のお客様はご相談お早めに。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
2018/3/19
 
 
つ・い・に・来ました~~『KUALIS』チタン!!
このたび店頭在庫にて一台入荷いたしました。
 
IMG_3350
 
KUALISは基本フルオーダーの為、なかなか現車を見る機会がありません。
 
そこで、一度現車を見てみたい、すぐに欲しい、っというご要望を叶えるために一台限りで在庫。
 
また、KUALISの良さを存分に知って頂こうと、無地のカラーでオーダー。デザイン、ロゴカラーはおまかせで。
 
届いてからのお楽しみというこもあり、箱を開け、シンプルが故のカッコよさに脱帽。
 
何度見てもチタン特有の艶めかしい感じは最高です。
 
 
ジオメトリーはこちら
Shop bike_Ichijo- Ti Disk road-geo.
 
今一番HOTなメーカーに熱いジャンルを掛け合わせ、今回はDISC ROAD(ディスクロード)を選択しました。
 
 
 
IMG_3345
 
 
IMG_3309
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Titanium Disc Road F/S(チタニウム ディスク ロード フレームセット)  税込¥491,400-
   ロゴカラー:パープル(アナダイズド)
フロントフォーク:ENVE
 シートクランプ:THOMSON
※詳細はスタッフにお尋ねください。
 
チタンに興味がある、自分の好きなカラーにしたい、自分の乗り方や体の寸法を測るオーダーメイドに憧れがある、KUALISはそんなあなたの自転車プランを叶えてくれます。
 
メーカーのホームページはこちら
わくわくが止まらなくなるサイトになっております。
 
 
今回の趣旨と少しそれますが、現在お客様オーダー分のスチールフレームが溶接完了との連絡があり、塗装の最終確認で頂いた詳細図がこちらになります。これを見ると完成間近が伝わってきませんか⁉フルオーダーの為時間はかかりますが、お待ちいただいても満足できる一台に仕上がりますよ。
 kualis 田中様 カラー
 
 
 

一条グループ店共通の“安心サービス”※グループサイトへリンクします