ツーリングバイク「SALSA VAYA」を組む。~その3)キャリア&バッグ装着で完成~

こんにちは。

一条サイクルセンターです。

大阪で、マウンテンバイク、ロードバイク、クロスバイクなど、スポーツバイクのことなら何でもOK!!

特に『SALSA』の事ならお任せください!!!


前回、寄せ集めの余り物パーツを集めながらも完成した、「SALSA」のツーリングバイク「VAYA」。

(⇒コチラ

vaya build 03.JPG

オフロードも走れるツーリング車を目指して作った「VAYA」自体の完成度には結構満足できました。

・・・でも、ツーリング車ですから、荷物を積載できなきゃいけません(?)・・・

リアキャリア+サイドバッグは、学生時代に使ったことがあるので、

今回は、フロントキャリア+サイドバッグにしよう!!・・・となんとなく決定。

★フロントキャリア★

キャリアなどを装着するには、フレームやフォーク各部にダボ穴(オプション用ネジ穴)が必要です。・・・ダボ穴が無ければ無いなりに、何とか取り付けれたりもするのですが・・・。

vaya build fork.JPG

「アドヴェンチャー・ロードバイク」を名乗るだけあって、「VAYA」のフォークには、通常のバイクより多いダボ穴が設けられています。
フロントキャリアにも色々な形状があります。
サイドバッグを使うので、サイドバッグが低い位置に取り付けられるタイプを使いたい。
・・・で、そんな時に、カッコ良いフロントキャリアを見つけてしまったのですが・・・
vaya build racktime.JPG
「RACKTIME TOP-IT」
シンプルな形のこのフロント・ラックをどうしても、付けてみたくなったんです。
せっかく、フォークレッグのセンターにダボ穴があるんだし、付けれるバイクなんだから付けちゃえと。
でも、このラックじゃ、サイドバッグは使うことはできるけど、重心位置が高くなるし・・・。
・・・で、下半分に、サイドバッグ専用のローライダー型フロントキャリアを装着することに決定。
「RACKTIME」には、ローライダー型のフロントキャリアは無いのです。
・・・実は、「RACKTIME」は、世界中のツーリストに愛用されるドイツのキャリアブランド「TUBUS」のカジュアルスタイルの姉妹ブランド。
なので、「TUBUS」の中から、「RACKTIME TOP-IT」に似合いそうなローライダー型フロントキャリアを選びました。
vaya build racktime tubus.JPG
下半分がローライダー型のフロントキャリア「TUBUS DUO」。
「DUO」は2本のアームでフォークを挟み込むタイプなので、この「VAYA」の様にフォークレッグ中央の外側と内側両方にダボ穴が必要です。
vaya build racktime tubus 02.JPG
2つのキャリアが干渉しないように、スぺーサーを挟んで取り付けたのですが・・・
流石に世界中のツーリストが愛用する「TUBUS」。めちゃくちゃ頑丈。スぺーサーを挟むのがホントに大変だった。
「RACKTIME TOP-IT」
カラー:ブラックまたはシルバー
耐荷重:10kg
アルミ製
¥9,288-(8%消費税込み)
「TUBUS DUO」
カラー:ブラックまたはシルバー
耐荷重:15kg
中空クロモリパイプ
¥16,200-(8%消費税込み)
・・・「RACKTIME TOP-IT」は、ラックの先端部にライトを取り付ける為の金具が付属しています。
vaya build racktime light.JPG
「TREK」のパーツブランド「BONTRAGER」のアタッチメントシステム「BLENDR」のパーツを使用すれば「BONTRAGER ION」シリーズのフロントライトが装着できますよ。
★サイドバッグ★
「TUBUS」、「RACKTIME」ともに、ドイツ製。
同じくドイツのバッグメーカー「ORTLIEB」のサイドバッグとも相性抜群!
完全防水だし、着脱システムも素晴らしい。
vaya build racktime tubus ortlieb.JPG
「ORTLIEB FRONT ROLLER PLUS QL2.1」に決めました。
容量は左右ペアで25L。カジュアルな外観だけど完全防水の高機能サイドバッグ。
カラー:デニム/スチールブルー(写真)、シグナルレッド/チリ、ライム/モスグリーン、グラナイト/ブラック
¥19,440-(8%消費税込み)
・・・ついに、出来た!!
vaya build 04.JPG
あ~なんか、ニヤニヤしてしまう!!
もちろん、走りに行きましたよ!
vaya build 05.JPG
・・・ちょっとばかり、林道を。
vaya build 07.JPG
アップライトなポジションで、オフ
ロードでも操作しやすい!
マウンテンバイク用のブレーキを使っているから、荷物積んでオフロードを走っても、けっこう安心♪
vaya build 06.JPG

「ORTLIEB」の着脱システムはビックリするくらい簡単に着脱できるのに、オフロードを含め、走行中に外れそうになる気配も無し。

「BLUCE GORDON」のタイヤは、ふわふわした乗り心地でとても快適。それに、転がりも意外と軽快。

vaya build 08.JPG

Wレバーでの変速は、僕自身が使い慣れてないってコト以外の問題は感じず。
MTB系のギア比で、タイヤは太いんだけど、厳しい坂も、ゆっくりならば上っていける。
・・・当初の目的、ほぼ達成!!
実は、ラジコンカー積んで林道の奥まで行ったんですね~。
vaya build 09.JPG

お馬鹿ですね~♪
vaya build 10.JPG
でも、楽しかった~♪
・・・通勤で乗ってても、バイク自体、とても気持ちいい走りかたをするし、ORTLIEBのサイドバッグが、とても便利!!
vaya build 11.jpg
毎日の足としても、とても良いし・・・そして、やっぱり、旅に行きたいですね~。
vaya build vaya con dios.JPG
Vaya con Dios ・・・神と共に行け・・・「良い旅を」の意。

★こんなパーツ余ってるんやけど、どんなバイクくめるかな~?って相談もお気軽に!!

★この2013モデル「VAYA」もそうですが、「SALSA」のバイクって個性が強くって、旧モデルでも古くさく感じないですよ。旧モデルのフレーム、見つかる場合もあります。気になる方は探してみます。ご相談下さい!!

warbird on old railway 02.JPG

グラベルレーサー/シクロクロスの「WARBIRD」、2013モデル。チタンモデルとアルミモデル。

一条グループ店共通の“安心サービス”※グループサイトへリンクします