TOPICS

STEEL is REAL 鉄はホンマモン。SURLY(サーリー)のスチール。

!新着!, 001_バイク, 501_トピックス 2017年8月12日

SURLY(サーリー)と言えば、スチールですね。

スチール、鉄、クロモリ・・・呼び方はさまざまですが。ここで言う「鉄」って言うのは、シティーサイクル(いわゆるママチャリ)なんかに使われているハイテン鋼よりもっと高品質で強い鋼材のことですよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SURLY のフレームに貼ってあるラベルです。これに限らず自転車のフレームにはどんな素材で作ってあるか明記してあることが多いですね。

SURLY は鉄で自転車を作ることにプライドを持っているので、このラベルには SURLY の考える鉄の良さが主張されています。

SURLY double-butted 4130 chrome-moly・・・サーリーの4130クロモリ鋼(4130は工業規格)。ダブルバテッドは、必要に応じてスチールパイプの中の厚みを変えてあるという事です。で、使ってるパイプは全部一緒かって言うと、とても大きな Big Fat Dummy(ビッグファットダミー) や、ファットバイクでガンガン攻める Ice Cream Truck(アイスクリームトラック)はめちゃくちゃ強いパイプが要るし、軽快な走りができる Cross Check(クロスチェック) や Straggler (ストラグラー)は前出の2車ほどの強さのパイプは要りません。

SURLY Big Fat Dummy Comp 4Surly Ice Cream Truck Yellow 1x11speed 02Surly Cross Check Grey Tiagra with Polished Parts 01SURLY Straggler Mint

上段左から時計回りに *SURLY Big Fat Dummy  *SURLY Ice Cream Truck  *SURLY Straggler  *SURLY Cross Check

同じ車種でも身長150cmの人が乗る小さいサイズのフレーム(フレームサイズ42cmとか)身長180cmの人が乗るような大きなサイズのフレーム(56cmとか)を一緒の強さのパイプで作るようなこともありませんよ。いろんな体格の人に、その車種のコンセプトに応じた乗り心地を提供できるようにパイプの強さは適正に変えられています。

surly sizing chart

NATCH!・・・Naturallyの略で、「自然に」「当然」と言った意味合い。

comfortable・・・「快適な」。鉄フレームの自転車は快適な乗り心地を求めて選ぶ人が多いですよね!快適性をウリにしているカーボンも有りますが、ロングライドは鉄!長い距離を走れば走るほど鉄のしなやかさは乗り手を助けてくれますよ~。

SURLY Cross Check GRY Sora 3

*SURLY Cross Check

functional・・・「機能的」「実用本位」。SURLY と言えば、キャリアなどのオプションを取り付けるためのアイレット(ダボ穴)が多数設けられていることが特徴です。

SURLY Karate Monkey PPL King Fork

*SURLY Karate Monkey

serviceable・・・「使える」「役立つ」「丈夫な」「実用向きの」「丈夫で長持ちする」など。「functional」と合わせて、最も SURLY らしさが感じられる言葉じゃないでしょうか。

中国福建省シャングリラ 標高3300m

*SURLY Long Haul Trucker

「実用本位」や「丈夫で長持ちする」・・・「鉄」以外でも「アルミ」や「カーボン」の自転車がありますが、荷物満載で走る長距離旅行の自転車なら「鉄」です。アジアからヨーロッパを旅する元スタッフの乗っている Long Haul Trucker(ロングホールトラッカー)も、過酷な旅の途中でキャリアを取り付けていたアイレット(ダボ)が破損したそうなのですが、どこかの国のどこかの町の鉄工所で溶接しなおしてもらったそうです。カーボンじゃこんな修理は無理だし、アルミを溶接しなおすと言うのは現実的には難しい。

sensible・・・「賢明な」「気の利いた」「(気取らず)趣味の良い」

「鉄」の自転車はスチールパイプが細身なのでシンプルなスタイルが多く、「(気取らず)趣味の良い」と言う言葉がピッタリ来ます。SURLYは尚更そっけない程のシンプルさ。カジュアルなスタイルで乗ってもサマになるし、そう言った部分が好きな人も多いですよね。

Surly Cross Check Grey Tiagra with Polished Parts 02

*SURLY Cross Check

cool・・・「格好良い」「いかす」

うん!いかしてますね。「鉄」にこだわり、自分たちの考え方にこだわる SURLY。

lightweight・・・軽い。

ちょっと待って、カーボンとかアルミの方が軽いやん!別に「軽さ」だけを自慢したい、追求したいワケじゃないんです。SURLY が求める「functional(実用本位)」や「serviceable(丈夫で長持ち)」「strong(強い)」を達成できる自転車フレーム用の素材としては、「鉄(クロモリ)」が「軽い」という事です。

strong・・・「強い」「強固な」

そう!「鉄」は強い!29plus のKrampus(クランパス)なんかは、大きなタイヤの走破力を活かして荒れ地でガンガン走れます。強いフレームが必要なのです。

SURLY Krampus Red 2

*SURLY Krampus

stiff  yet  resilient・・・「硬い」それでいて「弾力のある」

「強い」クロモリは「硬さ」と「弾力性」のあるフレームを作れます。これがアルミだとクロモリほど強くないので、「弾力性」のあるフレームを作ると金属疲労による破損の怖れがあるため、「軽い」けど「硬い」フレームになってしまいます。

SURLY Straggler 650 3

*SURLY Straggler 650b

SURLY(サーリー)のスチールは ・・・強くて、硬くて、弾力があって、実用本位で、丈夫で長持ち、それらを満たせる素材と言う点では軽く、気取らず趣味良く、いかしてる・・・と、まあこういうことです!

もちろん、カーボンやアルミで作ったフレームにはスチールのフレームには無い良さがあって、とことん軽い物が欲しいならばカーボンだろうし、アルミのガンガン加速するフィーリングが好きな人がいるのも当然。SURLYの作りたい自転車にはスチール(鉄、クロモリ)が最も向いているという事。

「SURLY(サーリー)の自転車が良いな」って思ったら、それって「SURLY以外じゃ無理」ってことかもしれないですね~♪

 

 ぜひ、↓↓↓こちらも読んでくださいね!↓↓↓

★SURLY 公式BLOG 日本語版「当社のスチールについて一言」

 

皆様のご来店お待ちしております。

大阪、ミナミ、北堀江でスポーツバイク、自転車のことなら何でもご相談下さい!

特にSURLY(サーリー)やAll-City (オールシティ)を得意とし、店内にはシンプルなクロモリバイクを中心に、マウンテンバイクやロードバイク、クロスバイク等を多数展示中!

他店購入の自転車でもカスタムや修理まで幅広くご対応させて頂いております!

 

〒550-0014

大阪府大阪市西区北堀江2-2-25 久我ビル南館1階

TEL : 06-6110-9701

営業時間 : 11:00~20:00

定休日 : 木曜日 (祝日の場合:前日水曜日)

 

長堀通りとなにわ筋の交差点から徒歩1分!!

 

<<最寄り駅>>

大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線  「西大橋」 3番出口から徒歩1分

大阪市営地下鉄 四ツ橋線  「四ツ橋」 4番出口から徒歩5分

大阪市営地下鉄 御堂筋線  「心斎橋」 2番出口から徒歩10分

 

ローン保険.jpg

 

FB.jpg instagram.gif

 

一条グループ店共通の“安心サービス”※グループサイトへリンクします