TOPICS

モデルチェンジしたSURLY “Karate Monkey”はオススメポイントが盛りだくさん!

001_バイク, 001_マウンテンバイク, 001_商品案内 2017年1月10日

大阪でマウンテンバイク、ロードバイク、クロスバイク等スポーツバイク、自転車のことなら何でもお任せ下さい!

特に「SURLY」を得意とし、カスタムや修理まで幅広くご対応させて頂いております!

 

 

2017年はSURLYのマウンテンバイクが大幅にモデルチェンジ!

ほとんどのモデルがリニューアルされるので入荷が楽しみという方も多いはず。

 

そして、29インチのMTBとして長年人気の“Karate Monkey”が入荷!

SURLY Karate Monkey FF PPL

フレーム&フォーク 税込価格¥97,200

 

10年以上前から根強い人気があるものの、ここ数年はファットバイクブームでほんのり影が薄くなっていたところ今回のモデルチェンジで最先端のスペックになりました! 

どこが最先端なのか細かくご紹介します!

 

まずは、今までよりも太いタイヤが装着できるようになったのが大きなポイント!

29インチなら2.5まで装着できます!

さらに、この進化したカラテモンキーは27.5インチなら3.0まで装着できるようになりました!

SURLY Karate Monkey FF PPL Chain S

 

そして、SURLYの新エンド“Gnot Boost”(ノットブースト)は135mm、142mm、148mmのハブに対応!

SURLY Karate Monkey FF PPL Gnot boost

 

142mmと148mmハブはそのまま使えますが、135mmハブを使う場合は文章ではお伝えしにくいので動画の3:13あたりからご覧下さい。

 

リアハブが148×12mmスルー対応になって、フロントも合わせて110×15mmスルーに!

SURLY Karate Monkey FF PPL F Axle

 

フロントフォークには今までカラテモンキーになかった「ダボ穴」が追加されました!

SURLY Karate Monkey FF PPL Fork

 

ダボ穴が追加されたのはフロントフォークだけではないので、リアキャリア等も取り付けしやすくなってトレイルライドからキャンプツーリングまで遊びの幅が広がります!

SURLY Karate Monkey FF PPL Seat S

 

シートチューブにはインターナルドロッパーポスト対応の穴が追加。

SURLY Karate Monkey FF PPL Seat tube

 

最近の流れを全ておさえているので、ココが××だったらなぁというところがありません!

むしろ今もっとも注目の、いちおしモデルになりました!

 

そしてサーリーファンならココに気付いている方も多いと思いますが、密かに要望が多かったフレーム形状も変更されています!

2011年ごろからトップチューブとシートチューブをつなぐようにガセットが入っていましたが、今回から無くなったので見た目もスッキリ!

SURLY Karate Monkey FF PPL Tube

SURLY Karate Monkey Mint Tube

 

今までよりもチューブ自体が進化して強度がアップしたことでガセットを無くすことが可能になっています。

チューブが前方に広がったトランペットのような形をした“Trumpeted Tubing”のおかげ。

SURLY Karate Monkey FF PPL Tube 2

 

フレームサイズごとにパイプを作り分けているのは以前にもご紹介しましたが、強度が必要なマウンテンバイクには専用のパイプを作る等、各ジャンルに合わせて最適な設計がなされています。

SURLY Clinic Minneapolis QBP SURLY Tours 4

 

そして完成車も発売予定!!

29インチのホールでシングルスピード仕様はパープルで発売されます!

surly-karate-monkey-ss.jpg

税込価格¥183,600

 

27.5+のセミファット仕様はオレンジ!

surly-karate-monkey-275.jpg

税込価格¥224,640

 

メーカー販売の完成車はこの2種類になりますが、カスタムしたい場合やフレームから組む場合もお気軽にご相談下さい。

 

 

今回のように大幅に変更されることもありますが、クロスチェックなども完成されて全く進化していないかのように見えて、実は初期の頃には無かった部分や言われないと気付かないような変更点があります。

 

毎年毎年無駄にフレームカラーやロゴデザインだけを変えて新型と言っているブランドとは違い、何かを変える必要がある時にだけ進化させていくのが「SURLY」というブランドです。

 

ただ売るための進化ではなく、末長く乗り続けてもらうために進化させているというモノづくりがよくわかります。

なぜこのような変更をしたの?というような疑問もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

皆さまのご来店お待ちしております。

 


ローン保険.jpg

  

FB.jpg    instagram.gif

 

blog 各
店案内 suita 02.jpg blog 各店案内 minoo 02.jpg

blog 各店案
内 kyoto 02.jpg
blog 各
店案内 takarazuka 02.jpg
blog 各店案内 trekosaka 02.jpg

一条グループ店共通の“安心サービス”※グループサイトへリンクします