トレックワールドジャパン2017
TREK WORLD JAPAN 2017


トレック新製品レポート!

トレックやボントレガーの新製品が発表される国内最大規模の展示会TREK WORLD JAPAN 2017(トレックワールドジャパン)が
8月8日、京都市の国立京都国際会館にて開催されました。
新型Domaneシリーズをはじめ、MadoneやEmondaにFXシリーズと新商品を紹介します!


40周年を迎えるTREK、エントランスは過去から未来へ

大きなサプライズでトレックワールドが始まりました。
エントランスで迎えてくれたのは、まさかの未来のバイク
TREKが作るとコンセプトモデルにもテクノロジーが惜しみなく注がれます。感圧式のブレーキやタッチパネルのハンドルなど、すぐにでも「欲しい!」と思える機能が満載でした。
そしてエントランスにはTREKの歴史的なモデルがずらり。 いまだにファンの多いYバイクをはじめ、今でも古いと感じさせないデザインは流石です。
新製品の発表だけでないトレックワールド! 新型Domaneやより安全性の高くなったライトなど、新製品情報をお伝えします!


2017年 最注目のバイク「Domane」
Discモデルも充実しラインナップがますます盤石に!

2017年モデルの中でも最注目はフルモデルチェンジを遂げたDomaneシリーズです。
TOPグレードの「SLR」から「SL」、「S」、「ALR」と4つのグレードが用意され、「SLR」「SL」「S」はフルカーボンモデル、「ALR」アルミモデルとしてラインナップされます。
全てのグレードでDiscブレーキの付いたモデルが用意され、いよいよDiscロード時代の幕開けを感じました。


乗り方によって選べる4グレードが発表 Domaneなら自分にあった1台がみつかる
トレックワールドで見て、触って、試乗したスタッフがインプレッション

Domane ALRシリーズ ¥159,000~

最新のトレンドが満載
フルモデルチェンジを遂げたアルミフレーム
Domane ALRシリーズ

Domaneのアルミシリーズがフルモデルチェンジしました。
IsoSpeedは設計が見直され、さらに快適性が高くなり、ブレーキは28Cのタイヤでも余裕で装着でき、剛性も高いダイレクトマントになりました。
テーパーヘッドやプレスフィットBBといった最新の トレンドもしっかりと入っており、まさにエントリーロードの新基準といっても過言ではないでしょう。
もちろん、Domaneシリーズの安定したジオメトリー「エンデュアランスジオメトリー」は踏襲です。
長めのヘッドチューブ&ホイールベースに低いBB位置と荒れた路面や下り坂といった、不安の残るシチュエーションでもライダーの走りをしっかりとサポートしてくれます。
これからロングライドを始めようと考えている方にピッタリの1台ですよ!

一条サイクル吹田店 STAFF大林の こんな方におススメ!

ズバリ!セカンドバイクにもおススメなのがDomaneALR4Disc
もちろん、快適性と乗りやすさからこれからロードバイクを始めようとされる初心者の方にもおススメなのですが・・・
タイヤの選択肢が広い&雨の日でも安心のDiscブレーキでちょっとアドベンチャーなツーリングバイクとして使うのも新しい楽しみが待っていますよ!
グラベルといったオフロードまではちょっと不安、でも少し荒れた場所も走ってみたい方、太めのタイヤと安心のDiscブレーキで新たなフィールドに遊びに行きませんか!?


Domane Sシリーズ ¥235,000~

Discモデルにエアロホイール装着モデルも
幅広いラインナップと魅力的なカラーリングも
特徴的な Domane Sシリーズ

Discブレーキ搭載モデルにエアロホイール搭載モデル、コンポはティアグラ、105、アルテグラと幅広いラインナップから選べるのがDomane Sシリーズの強みです。
さらに特徴的なカラーリングとバイク選びが楽しくなりますね。
フレームこそ、前のモデルを踏襲していますが、逆にそれだけ完成度が高かったということです。
OCLV400のフレームにBB90・E2テーパーヘッドとTREKのテクノロジーもしっかりと注がれています。
20万円台でとにかく乗り心地の良いバイクを探されている方には、ど真ん中のバイクですよ!

一条アルチメイト箕面店 STAFF田中の こんな方におススメ!

ロードバイク初心者で、ロングライドをゆっくりと楽しみたい方にお勧めです。
Domaneはフレームの設計からロングホイールベース低重心と安定志向に設計されており、万人にとって乗りやすい自転車となっています。
その中でもDomaneSシリーズは20万円台で手に入るカーボ ンバイクをお探しの方には最も気になる自転車ではないでしょうか?
17年モデルはDiscモデルやエアロホイールモデルとラインナップも充実です。
これからスポーツバイクを始めたい方、お気軽にご相談してください。
あなたにあった自転車をお勧めします!


Domane SLシリーズ ¥410,000~

Domaneシリーズの大本命!
前後IsoSpeed搭載で快適性がさらにアップ
Domane SLシリーズ

新しいバイクをお探しの方から、すでにDomaneに乗られている方まで、一番気になるバイクがDomaneSLシリーズではないでしょうか?
フロントにも搭載されたIsoSpeedやダイレクトマウントのブレーキなど気になる部分が満載です。
新しいDomaneを一言で言い現わすと「すべてにおいて進化したDomane」。
フロントIsoSpeedと設計の見直されたIsoSpeedによって快適性は抜群に向上しましたし、ダイレクトマウントの採用によりブレーキ性能も向上しています。
28Cのタイヤが装着されていますが、ここは好みに合わせて25Cに変更しても良いかと思います。
快適性の高い28Cのタイヤならロングツーリング向けになりますし、25Cのタイヤなら極上の乗り心地をもったまま加速性能も得ることができます。

一条アルチメイト宝塚店 STAFF亀井の こんな方におススメ!

ロングライドからレースまで本当に幅広く乗れるのがDomaneSLシリーズです。
平地が得意なバイクのイメージがありますが、剛性が高いので坂もしっかりと登りますし、加速も素晴らしい物があります。
ステム位置を一番上にして楽な姿勢でロングライドを楽しむのもいいですし 安定性と快適性の高い特性を活かして、トライアスロンバイクとして使うのもありです。
ツーリングからレースまで、1台で幅広く使いたい方にお勧めのバイクです。


Domane SLRシリーズ ¥590,000~

Domaneシリーズの最高峰!
調整式IsoSpeed搭載 & ProjectOne対応
Domane SLRシリーズ

ライドクオリティが高いバイク。一言で言ってしまえばDomaneSLRはそんなバイクです。
MadoneとEmondaも一言で言えば、それぞれ速いバイクと軽いバイクです。
ではライドクオリティが高いとはどういうことなのか、まず乗り心地が抜群です。
そして走ります。路面からの振動を気にせずドンドン走ってくれるバイクだから、それだけライドに集中できます。さらに抜群の安定性で下り坂も安心して走ることができます。
自転車の能力が全てにおいて高く質の良い走りができます。
TREKの技術者が新たな技術を惜しみなく使ってできたバイク、それがDomaneSLRです。

トレックストア大阪 STAFF野村の こんな方におススメ!

「楽」に「快適」に走りたい方に究極の1台です。
前後IsoSpeedで快適性が高いのはもちろん、DomaneSLRシリーズはプロジェクトワン対応です。
Discモデルもプロジェクトワン対応になり、自分だけの究極の1台が作れるようになりました。
硬くて軽いホイールにカーボンハンドルと乗り心地の良いサドルと「速く」て「快適」な自転車を作ってみてはいかがでしょうか?
さらにプロジェクトワンで個性的なカラーにすれば、目立つこと間違いなしですよ!


Discロード時代の幕開け
Domaneでは全てのグレードでDiscブレーキ搭載モデルが登場

DomaneのDiscブレーキモデルのラインナップが拡大されました。
アルミからカーボンまで全てのグレードでDiscブレーキが選択できるようになり、Discロードがグッと手に入りやすくなりました。
※ スピードは出さないけど、少し荒れたところも走りたい。
※ 雨の日でも安心してサイクリングを楽しみたい。
※ 太めのタイヤが装着できる乗り心地の良い自転車に乗りたい
などなど、Discブレーキ装着モデルだからこそ楽しめるシチュエーションもたくさんあります。
ロードバイクでありながら、今までのロードバイクとは違う楽しみ方ができるDiscブレーキ装着モデル。安心の制動力でアグレッシブに走るのもいいですし、酷道といった道の悪いところを走るなんてちょっとアドベンチャーな使い方もよしです。
もちろんロードバイクとしての性能もしっかりと持っているので、最初の1台にもいいですよ!


TREKの充実したロードラインナップは2017も健在
チューズユアウェポンであなたにあったロードバイクを選ぼう!!!

■ トレック ロードバイクの代名詞 Madoneシリーズ

ラインナップ:
Madone9 Series ¥680,000~ プロジェクトワン対応

2016年に衝撃的なデビューを飾ったMadoneは2017年も健在です。フレームに変更点はなくホイールなどパーツの仕様が変更となります。
究極のレースバイクはツールドフランスを始め、多くのレースでメイン機材として使われています。
革新的なエアロ性能を始め、エアロ形状でありながら犠牲になっていない乗り心地、そしてトータルでバランスのとれた性能とロードバイクとしての性能を全て満たしています。
プロジェクトワンではカンチェラーラ選手のスペシャルペイントも追加され益々、魅力的なバイクとなりました。

■ 軽量バイクでありながらオールラウンダー Emondaシリーズ

ラインナップ:
Emonda SLR ¥680,000~ プロジェクトワン対応
Emonda SL ¥299,000~
Emonda S ¥189,000~
Emonda ALR ¥149,000~

ヒルクライムレースを始め、レースでの勝利を狙うなら「SLR」ツーリングからレースまでオールラウンドに使うなら「SL」や「S」ロードバイクの初めの1台なら「ALR」と乗り方に合わせて選べる、まさにトレックのオールラウンダーが「Emondaシリーズ」です。ただ軽量なだけでなく、快適性もしっかりと持ち合わせている為、ロングライドにも十分使うことができます。
ロードバイクとしての基本性能が高く、何にでも使える1台をお探しなら、Emondaがお勧めです!


トライアスロンモデルにシクロクロスモデル、ツーリングバイクまでしっかりあります!

■ 史上最速トライアスロンモデルは今年も健在
SPEED CONCEPT シリーズ

ラインナップ:
SPEED CONCEPT 9.9 ¥680,000~ プロジェクトワン対応
SPEED CONCEPT 7.5 ¥480,000
SPEED CONCEPT 7.0 ¥399,000

大きな変更点はありませんが、新型電動デュラエース装着モデルが来年の2月頃、発売予定です。
ロードバイクでトライアスロンに参加していて、そろそろトライアスロンバイクが欲しくなっている方、新型デュラエースも発表になり買替えのタイミングではないでしょうか?
新型デュラエースはプロジェクトワンでも今後、選択できるようになります。
新しいバイクを考えながら楽しみにお待ちください。

■ 最もスムーズなシクロクロスバイク
BOONEシリーズ

ラインナップ:
BOONE RACE SHOP LIMITED ¥600,000
BOONE 5 DISC ¥450,000

シクロシーズン開幕に向けて新しいバイクをお探しの方にお勧めです。DomaneにDiscモデルが拡大され、Discブレーキの広がりを感じます。
シクロバイクのDiscを検討されている方、今年は買替えのチャンスじゃないでしょうか?
Booneも大きな変更点はありませんが、OCLV600を使用し たBooneはレースだけでなく、ちょっとしたオフロードツーリングも楽しめます。

■ 距離を刻もう 520 DISC

ラインナップ:
520 DISC ¥129,000~

ロードバイクで颯爽と走るのも爽快ですが、たまにはゆっくりと走るのもいいのではないでしょうか?
さらに日常を飛び出してCAMPしながらの大自然の中をツーリングなんて最高の贅沢です。
一見するとクラシックなバイクですが、ディスクブレーキや2ピースタイプのクランクなど現代的なパーツがアッセンブルされており、まさに良い時代のバイクを快適に走らせることができます。
キャリアの位置などは低い目に設置されており、重い荷物を積んでも快適に走ることができます。
北海道や九州さらには海外ツーリングに行ければベストですし、ふらっとしまなみ海道や淡路島にCAMPしながらツーリングなんて楽しみができる自転車です。


小柄な方でも大丈夫。
女性用モデルもしっかりラインナップ

■ TREKの女性用モデルなら
身長おおよそ150cmから乗れます。
LEXA & SILQUEシリーズ

ラインナップ:
SILQUE SLR ¥590,000~ プロジェクトワン対応
SILQUE S ¥235,000~
LEXA ¥11,800~

小柄な方でも乗れるのがトレックの女性用ロードバイクの魅力です。
アルミバイクのLEXAからカーボンモデルのSILQUEまで幅広くラインナップしています。
ジオメトリーやパーツのアッセンブルも女性専用に設計され、これからロードバイクを始めようと考えている女性に安心してお勧めできるシリーズです。

■ クロスバイクも充実
FX Women'sシリーズ

ラインナップ:
FX S4 WSD ¥115,000
FX S3 WSD ¥79,000
FX 2 WSD ¥59,000

FXシリーズの女性用モデルも名称が変わりました。7.2FX WSDがFX2 WSDに、幅広く人気のあった7.4FX WSDがFX3 WSDに、スポーティーな走りを楽しみたい方に人気の7.5FX WSDがFX S4 WSDへと変わりました。
フレームに変わりはありませんので、使い方に合わせてモデルを選んでいただければと思います。どの車種を選べばいいのかわからない方はお気軽にご相談下さい。


人気のトレイルバイクがフルモデルチェンジ
ストローク量アップでさらにアグレッシブな走りが楽しめる

■ ストローク量アップ そして27.5+にも対応
Fuel EXシリーズ

ラインナップ:
Fuel EX 9.8 29 ¥630,000~ プロジェクトワン対応
Fuel EX 9 29 ¥499,000
Fuel EX 8 29 ¥399,000

Fuelの進化は止まりません。29erでの販売ですが27.5+にも変更は可能です。ストローク量が130mmに増えたのと相まってさらにアグレッシブな走りができます。
ブースト企画の採用やKnock Block Steere やStraight Shotなど新しい技術も満載で、まさにキングオブ「トレイルバイク」です。
ホイールサイズの迷いからなにを買ったらいいのかわからず迷われている方にお勧めのバイクです。

■ 下り系トレイルバイクの決定版!
REMEDYシリーズ

ラインナップ:
REMEDY 9.8 27.5 ¥650,000
REMEDY 9 27.5 RSL ¥499,000
REMEDY 8 27.5 ¥399,000

こちらもトラベル量が150mmにアップしさらにアグレッシブな走りが楽しめるようになりました。
下り系のイメージの強いバイクですが、実は意外とよく登ります。自走で登って下りを思いっきり楽しむといったエンデューロな楽しみ方もバッチリできます。
もちろんブースト規格採用ですしKnock Block Steere やStraight Shotなど新技術もしっかり採用。まさに全てを楽しむ為にできたバイクです!


ラインナップが一新されたFXシリーズ
2017年は49,000円から本格的クロスバイクが購入できる

■ ラインナップが一新されたFXシリーズ
2017年は49,000円から本格的クロスバイクが購入できる。

FXシリーズはラインナップが一新され、モデル名もFX1やFX3とFXの後にグレード名がくる名称に変更されました。
一番お買い求め安いFX1ならなんと49,000円でTREKのクロスバイクが購入可能です。
アルミモデルはFX1・FX2・FX3・FXS4と4モデルがラインナップされます。
今まで人気の高かった7.4FX相当なのがFX3で価格も79,000円と、さらにスポーツバイクの敷居が下がりました。
カーボンモデルはDomane4シリーズのフレームにDiscブレーキを搭載したFX S5とFX S6の2モデルがラインナップされます。
どちらも油圧式Discブレーキが搭載され、雨の日など悪天候でも安定したブレーキ制動を得ることができます。
もちろん、Domaneのフレームを使用しているので、クロスバイクの走りに満足できなかったら、最先端のDiscロードにカスタムすることも可能です。
FXシリーズはすでに各店の店頭に2017年ニューモデルが並んでいるので製品の詳細が気になる方はぜひ店頭まで遊びに来てください。


クロスバイクに新たな選択肢 ZEKTOR

■ ロードバイクとクロスバイクいいとこ取り
ZEKTORシリーズ

ラインナップ:
ZEKTOR 3 ¥99,000
ZEKTOR 2 ¥85,000

毎日のライドをよりアグレッシブに楽しめるバイクの登場です。
ラックやフェンダーといった、通勤ライドに便利なパーツでカスタマイズができるなど、クロスバイクの実用性は持ちつつ、ロードバイクのコンポーネントを使用している為、軽快なライドが楽しめます。
まさにロードバイクとクロスバイクいいとこ取りのバイクです。
また見た目にもスピード感あふれるデザインはスピードだけでなく、気持ちも高めてくれます。


ボントレガーより超軽量カーボンホイールが登場
Aeolus XXX Tubular

■ アイオロス史上最軽量ペア976g

・フロント420g ¥139,000(税込)
・リア556g ¥179,000(税込)
軽量を求めるヒルクライマーに最適なホイールが登場です。
ペア976gはヒルクライムレースで大きな武器になることは間違いありません。
リム幅が他のアイオロスとは違い21mmになっているので、タイヤも軽量な700×22Cや23Cの相性がよさそうです。
決戦用のホイールになるのは間違いなしですが、このホイール体重制限がありません!
今まで軽量ホイールが欲しいけど、体重制限などで購入できなかった方、さすがボントレガー、さすがアイオロス、皆さんの武器になりますよ!


より安全なサイクリングの為に、待望のミドルグレードのライトが登場


発売は少し先ですが・・・
これから発売される商品もちょこっと紹介


トレックワールド2017 まとめ

ますます充実したラインナップとなった「トレックワールド2017」楽しんでいただけたでしょうか?
2017年はDomaneのモデルチェンジが最大のトピックスでした。
2016年から継続のモデルでもタイヤが23Cから25Cへチェンジとライドのクオリティーが高くなってきています。
Discロードの充実と相まって、タイヤの選択肢が増え、さらにはロードバイクの遊び方の選択肢まで増えてきました。
今までやりたかったことができるようになった2017年モデル。 違った視線で遊び方を考えても良いのではないでしょうか?
さらにここでは紹介しきれなかったバイクやパーツ、ウェアがたくさんあります。
これからスポーツバイクを始めようと考えられている方から2台目、3台目の自転車の購入をお考えの方まで
TREKなら素晴らしいラインナップの中から選んでいただくことができます。
「自分に合った自転車がわからない」「クロスバイクにしようかロードバイクにしようか迷っている」
「ホイールのアップグレードがしたい」「MTBで山道を走ってみたい」などなど、わからないことがあればぜひお気軽に店頭にてご相談下さい。
お客様の声を第一にスタッフがご案内させていただきます。


一条各店の情報はこちら!

フォトギャラリー