女性用ロードバイクもあります。Emonda SL5 Women’s 入荷


TREK(トレック)のエントリーグレード ロードバイクなら  一条アルチメイトファクトリー箕面へ!

大阪・箕面でロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなど、スポーツバイクのことならおまかせください!

新御堂筋 最北端 白島交差点を東へ300m山麓線沿い。新御堂筋・171号線よりアクセス良好。

江坂、茨木、池田より車で30分圏内にある、北摂・北大阪で唯一のトレックコンセプトストア、

一条アルチメイトファクトリー箕面です。

 

 

気が付けば10月に入り、最高の時期の真っただ中という感じです。

新モデルも色々と入荷していますので、この時期楽しみたい方もまだまだ間に合いますよ!

 

さて、トレックのラインナップは、女性用のモデルも充実しています。

お手頃価格になったカーボンロードバイクの女性用モデルが入荷しました。

[2018 TREK EMONDA SL5 Women’s] Trek White 44サイズ 税込販売価格¥230,040

今年マイナーチェンジを果たし、さらにはお手頃価格になったこともあって、非常に人気の高いバイクです。

高品質なカーボン素材による軽さと乗り心地、軽快性が非常に高いバランスになっており、ツーリングからヒルクライムなどレースまで、幅広く活躍してくれる一台です。

基本的な部分は通常のEmonda SL5と同じですので、写真だけで割愛させていただきます。

ここからはWSDという部分に着目していきます。

[Women’s Specific Design]ということで、そのままですが、女性のためのデザイン、という感じです。

まずはフレームサイズの関係ですが、どちらかというと小さめのフレームサイズの展開が多くなっています。

ジオメトリー自体は通常モデルと変化がありませんが、通常モデルにある56や58などの大きなサイズはラインナップされていません。

ちなみに、フレームにWSDのマークが貼られてはいますが、実はただのシールになっていますので、白色のロードバイクが欲しい!という感じの男性の方にも普通に乗っていただけます。

ではどこが違うのかというと、

主に体に触れる部分が違います。

ハンドルの方は、リーチの短い[VR-S]という形が採用されています。

通常のSL5に採用されているハンドルが[VR-C]という形で、それと比べてリーチが約20mm短くなっていますので、そこまで前傾姿勢が深くならないようになっています。

もう一点がサドルです。

女性の座骨幅に合わせて、座面の幅が広めになっている女性専用設計の[Ajna]が採用されています。

この辺りは快適性に直結する重要な部分ですね。

 

女性は女性モデルに乗らなければいけない、という決まりはもちろんありません。

ただ、やはり女性用モデルと銘打たれているだけはあり、より女性が快適に楽しんでいただけるように部品が吟味されています。

快適に走れるからこそ、もっと長い距離にチャレンジしてみようかな・・・という思いも生まれてくるかと思います。

パーツ関係もシマノの105がフルスペックで採用されており、軽い操作の変速、ブレーキ周りで握力が弱い方でも安心して乗っていただけます。

スポーツとして、ロングライドやちょっとしたレースなどにもチャレンジしてみた方におススメです!

店頭にて跨っていただくなど、サイズの感じも確認いただけますので、ご来店お待ちしております。

 

一条アルチメイトファクトリー箕面は、ロードもMTBも楽しめる北摂地域に位置します。

箕面有料道路入口からすぐの立地に23台分の大型駐車場が完備でアクセスも楽々,

さらに日本初の自転車預かりスペース「BIKE STATION」も併設で走りの拠点に最適です!

ショッピングモールEXPOCIY(エキスポシティ)や箕面の滝など、お買い物や観光がてらにでも

お立ち寄りください。

※FACEBOOKやってます。
緩~い情報や、速報、BLOG更新などなど、投稿しています。
よろしければ「いいね!」お願いいたします。
フェイスブックいいね!ボタン.png

一条グループ店共通の“安心サービス”※グループサイトへリンクします