お手頃価格で本格的なトレイルライドに、X-CALIBER 7入荷


TREK(トレック)のエントリーグレード ロードバイクなら  一条アルチメイトファクトリー箕面へ!

大阪・箕面でロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなど、スポーツバイクのことならおまかせください!

新御堂筋 最北端 白島交差点を東へ300m山麓線沿い。新御堂筋・171号線よりアクセス良好。

江坂、茨木、池田より車で30分圏内にある、北摂・北大阪で唯一のトレックコンセプトストア、

一条アルチメイトファクトリー箕面です。

 

9月も終わりになり、朝晩は少々冷え込むようになってきました。

早い時間に走り出す方はそろそろ防寒対策も必要になってきそうな感じですね。

そんな中、新モデルは相変わらず続々と入荷しています。

 

トレイルライド入門から街のりまで、万能に活躍するハードテールMTBのX-Caliberシリーズから、

最もお手頃なモデルが入荷しました。

[2018 TREK X-CALIBER 7]  税込販売価格¥99,360

上:Matte Metallic Gunmetal   17.5サイズ

下:Viper Red   17.5サイズ

 

少し前に入荷していたX-CALIBER 8の弟分にあたるモデルになります。

同様にモデルチェンジしていますので、フレーム周りの変更点に関しては下記の過去の記事をご参照ください。

[人気のハードテール X-Caliberがモデルチェンジ]

ここからは主に、[7]の仕様についてご紹介していこうと思います。

まずはフロントサスペンションですが、ロックショックスのコイル式になります。

2017モデルから大きな変更はありませんが、ロックアウト機能、リバウンド調整機能など、十分な機能を備えています。

大きな変更点はドライブトレイン周りです。

フロントギアが上位機種同様の2枚仕様に変更になりました。

2枚とはいえ、トレイルライド、オンロードツーリング、街乗りなどなど、十分なギアレシオを確保しています。

リアの方は少しだけ大きなギアになり、11-36Tが標準装備です。

フロント変速が減った分はリアでしっかりカバーされています。

ホイール、タイヤの方は特に大きな変更はありません。

強いて言うなら、バルブが上位機種と同じくフレンチバルブになった点ですね。

 

ある程度パーツのグレードは抑えられているとはいえ、10万を切る価格設定の中、

最新スペックの高品質フレームに、トレイルライドにも十分通用するパーツで固められています。

より本格的に楽しみたい方は調整のしやすさやパーツスペックなど、X-CALIBER 8がおススメではありますが、価格というのも非常に重要なポイントです。

X-CALIBER 7でも十分楽しんでいただくことも出来ますよ!

カラーリングの好みももちろんあると思いますので、ぜひ店頭にて現物をご覧ください。

 

ついでに、X-CAlIBER 8のMatte Metallic Gunmetalのカラーも入荷していますので、写真だけ載せておきます。

[2018 TREK X-CALIBER 8] Matte Metallic Gunmetal 18.5サイズ

7,8ともにラインナップされているカラーではありますが、アクセントカラーが違いますので印象もかなり違った感じです。

どちらもカッコいいですよ!

 

一条アルチメイトファクトリー箕面は、ロードもMTBも楽しめる北摂地域に位置します。

箕面有料道路入口からすぐの立地に23台分の大型駐車場が完備でアクセスも楽々,

さらに日本初の自転車預かりスペース「BIKE STATION」も併設で走りの拠点に最適です!

ショッピングモールEXPOCIY(エキスポシティ)や箕面の滝など、お買い物や観光がてらにでも

お立ち寄りください。

※FACEBOOKやってます。
緩~い情報や、速報、BLOG更新などなど、投稿しています。
よろしければ「いいね!」お願いいたします。
フェイスブックいいね!ボタン.png

一条グループ店共通の“安心サービス”※グループサイトへリンクします